Buy Support Online

Payara Server Beta 1 がリリースされました!

22 Dec 2017

お楽しみの、喜びの、奉仕の、そして釣りの (違った、最後のは私が付け加えただけです) 季節がやってきました。そして世界中の皆様、このお休みに (訳注: イギリスはクリスマスと翌日が祝日です) Payara Server 5 の最初のベータ・リリースをお届けします。ダウンロードはこちらからどうぞ本当は何が欲しかったのか、私は知っているんですよ。

 

 Read this post in English

 

さらば集まり! ようこそグリッド!

このベータ・リリースより、Shoal と GMS を廃止しました。Hazelcast を経由したドメイン規模のデータグリッドによって提供されるクラスタ機能によって置き換えられます。単純な場合、複数の小さなクラスタを 1 つの大きなクラスタとして考えることができます。構成を単純に保つため、必要でなくても望んでいないとしてもマルチキャストに惑わされる心配はありません。デフォルトでクラスタの「Domain Discovery」メソッドも実装しているからです (Payara Server とは関係なく、現時点ではマルチキャストはまだ Payara Micro のデフォルトです)。このクラスタリング・メソッドを使用するインスタンスは自動的に DAS へ接続されドメイン規模のクラスタに参加します。

 

クラスタは完全に除去したわけではありませんが、これらはもはや独立した小さなクラスタではありません。クラスタにはまだ Payara Server は存在しますが、従来のクラスタよりもよりターゲット・グループに近いものになります。クラスタの作成、構成、起動、停止、対象および使用については同様です。

 

今後、ブログや類似の記事にてこの大きな変更の詳細について取り上げてゆく予定です。でもこの時点で、これがとても良いものだと信じていただけると思っています。

 

寛大さは美徳

このベータ・リリースは、MicroProfile Fault Tolerance 1.0 を含む記念すべき最初の公開リリースです。ご存じない、あるいは名前だけではピンとこないという方にご説明すると、この仕様は、メソッドが失敗した時の振る舞いを容易に実装するために使えるいくつかのアノテーションを導入するものです。

 

Payara は MicroProfile 1.2 をキャッチアップしています (と言っているそばから 1.3 がリリースされちゃったけどね)。今後まもなく実装される MicroProfile 仕様を期待してみていてくださいね。

 

しーっ!どうぞお静かに!

このベータ・リリース全体で、Kubernetes Secret Volumes がサポートされています。これらは Config Source で使用することができます。ディレクトリ内のすべてのファイルがプロパティとして扱われ、ファイルの内容が値となります。

 

まとめ

このベータ・リリースではその他の機能拡張と不具合修正があります。HTTP2、Hazelcast 経由のシングル・サイン・オン、高速化された JSF 初期化、Payara Micro の使い勝手の向上、同じく Payara Micro が将来 Arquillian コンテナ (コネクタ) に対応するための準備、などです。リリースノートにはすべて記載していますので、ご心配なく。

 

それから、現時点では Windows 上ですべてが完全には動いていないことも承知しています。フィードバックありがとうございます。最終リリースまでにはすべて直すので、今しばらくお待ちください。

 

以前にもお知らせしましたが、この最新リリースはまだプレ・リリースの段階です。商用環境での利用はお勧めできませんが、ぜひ試してみてフィードバックをお寄せください。

 

Download Payara Server 5 Beta 1

 

Comments

Subscribe

Themes

see all