Posts tagged Japanese language

How to Improve Domain Data Grid Performance (Japanese Language)

現在のPayara Platformアーキテクチャの基礎となるのは、ドメイン・データ・グリッドの採用です。ドメイン・データ・グリッドは複数のPayara ServerまたはPayara Microインスタンスを結合して、互いにデータを共有する交換可能なノードの堅牢なクラスタを形成し、クラスタにデプロイされたあらゆるアプリケーションに対して高可用性とフェールオーバー機能を提供します。

14 Docker Tips for the Payara Platform (Japanese language edition)

Dockerイメージの作成はそれほど難しくありません。Dockerfileスクリプトには、エンジンによってコンテナとして実行されるイメージを定義し準備するいくつかのコマンドが含まれています。

しかし、効率的なビルド・プロセスを持つためには様々な見地が重要であり、その結果として軽量でセキュアなコンテナになるのです。

このブログでは、これから構築するDockerイメージで考慮すべき14のTipsについてご説明します。

How to Use Eclipse Transformer to Convert a 3rd Party Library to the New Jakarta Namespace (Japanese Language)

はじめに

Jakarta EE 9のリリースは、Java Enterpriseの伝統を破るものとなります。OracleからEclipse FoundationへのJava EEコード寄贈の法的な要件は、javax名前空間をjakarta名前空間に変更することです。

しかし、Jakarta EE 9でのパッケージとXMLの名前空間の変更はまだ始まりに過ぎません。名前空間の変更により、新たな開発や機能追加が可能となりましたが、Java Enterprise仕様の一部を使用しているフレームワークやライブラリもすべて新バージョンに合わせて調整する必要があります。

Payara Platform 7月リリースの新着情報

本日、Payara Platform Community (5.2020.3) および Payara Platform Enterprise (5.21.0) Editionsのリリースをお知らせできることを嬉しく思います。

Enterpriseリリース (こちらからお問い合わせください) は13の改善、11のバグ修正、1コンポーネントのアップグレードを含みます。また、Communityリリース (こちらから直接ダウンロードできます) は11のバグ修正、9の改善、1コンポーネントのアップグレードを含みます。

では、Community & Enterprise Editionsの最新情報について、いくつか詳しくお伝えします。

Payara Platformの新しいリリースです!

本日、Payara Platform CommunityおよびEnterprise Editionの出荷をアナウンスできることをうれしく思います。Communityリリース (5.2020.2) には26個のバグ修正、13個の改善、2個の新機能、そして5コンポーネントのアップグレードが含まれます。こちらからダウンロード可能です。

5.2020.2リリースに含まれる機能の詳細をいくつかご紹介します。

JakartaOne Livestream Japan 2020 (Japanese)

このイベントは、昨年9月に開催されたJakartaOne Livestreamに感銘を受けた日本のJavaコミュニティ有志が企画したバーチャル・カンファレンスです。私もこのカンファレンスのプログラム委員の一員として、カンファレンスの事前準備や当日の運営に携わりました。このようなイベントは日本ではまだ例がなく私たちも(当日のカンファレンス進行中でさえ)試行錯誤しましたが、日本のJavaコミュニティに広くJakarta EEMicroProfileをご紹介しようと最善を尽くしました。