Posts tagged Japanese language

カスタムSSL証明書を用いたPayara Serverのセキュア構成

Payara Serverの管理タスクで最も多いものの1つは、他のWebサーバーと同様に、HTTPプロトコルやPayara Serverへのリモート・アクセスをセキュアにするための電子証明書のセットアップです。自己署名証明書または信頼できる認証機関の署名入り証明書のいずれかをお持ちでしょうが、どちらの場合も証明書をPayara Serverのドメインに追加してセキュアな通信に用いるのはとても簡単です。

 

Payara for Beginners – Payara ServerをEclipse IDEに追加する

Java EEプロジェクトを作成するにあたって、Eclipseにサーバーを定義してアプリケーションをIDE上でテストできるようにしておくことは重要です。生成物をビルドして手動でPayara Serverにデプロイするよりも、作業がずっとスムーズになります。

CLIによるPayara Server 5の管理

Payara Server 5が既にリリースされていますので、基本的な事柄をブラッシュアップするにはちょうど良い頃でしょう。これから、Payara ServerのCLIでできることをいくつか見てゆきたいと思います。

コマンドライン・インタフェース (CLI) はコマンドライン (またはターミナル) からPayara Serverをコントロールする手段であり、複数の方法でサーバーの起動、停止、編集を行うことができます。管理コンソールでも必要なあらゆる管理操作を実行することはできますが、CLIを用いると、特にヘッドレス・サーバー (GUIを持たないサーバー) を扱う場合において、あらゆる管理タスクをより素早く簡単に実行できる場合があります。

Payara for Beginners - Payara ServerをNetBeansに追加する

Payara Server上でアプリをテストする時、IDEと連携してアプリをテストできるようにしておくと非常に便利です (そもそも、そのためのIDEですが)。もしNetBeansを使用しているのなら非常に簡単に実現できます。このブログではPayara ServerをNetBeansにセットアップしてWebアプリを実行するための手順をご紹介します。

 

Microservices for Java EE Developers (Japanese)

今日、マイクロサービスのコンセプトは単に新しいだけではなくなっています。DevOpsの登場、コンテナ技術ブーム、デプロイ自動化ツールによって、マイクロサービスは開発者が手掛けるアプリケーションの構造を変えつつあります。マイクロサービスはJava EE開発者にとっていかにして有効な選択肢となり得るのか、そしてPayara Microとそれが提供する完璧なプラットフォームによってどのようなメリットが得られるのかについてみてゆきましょう。

 

Fine Tuning Payara Server in Production (Japanese)

Webアプリケーションを開発する際における最大の挑戦の一つは、商用環境へのリリース時にアプリケーションをどのように調整すべきかを理解することです。これはJavaのエンタープライズ・アプリケーションをPayara Serverへデプロイする場合でも例外ではありません。

 

Back to Basics – アプリケーションをPayara Server / GlassFish 4.1にデプロイする方法

このブログはBack to Basics シリーズの第2回です。


Webアプリケーションを実行するには、まずPayara Serverのようなアプリケーション・サーバーにデプロイしなければなりません。Webアプリケーションにおけるデプロイとは、アプリケーションをサーバー上にインストールすることをいいます。これによりリクエストの処理などを行うことができます。このガイドでは、アプリケーションを実行するためのいくつかの異なる方法をご紹介します。